693円 Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 DREADNAUGHT GIG BAG,BLACK 楽器・音響機器 弦楽器 弦楽器アクセサリ 693円,DREADNAUGHT,Fender,GIG,FA1225,rjproperties.in,/intensionally1451837.html,フェンダー,ギグバッグ,BAG,BLACK,楽器・音響機器 , 弦楽器 , 弦楽器アクセサリ 693円,DREADNAUGHT,Fender,GIG,FA1225,rjproperties.in,/intensionally1451837.html,フェンダー,ギグバッグ,BAG,BLACK,楽器・音響機器 , 弦楽器 , 弦楽器アクセサリ ファクトリーアウトレット Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 BAG GIG DREADNAUGHT BLACK ファクトリーアウトレット Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 BAG GIG DREADNAUGHT BLACK 693円 Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 DREADNAUGHT GIG BAG,BLACK 楽器・音響機器 弦楽器 弦楽器アクセサリ

ファクトリーアウトレット 正規店 Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 BAG GIG DREADNAUGHT BLACK

Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 DREADNAUGHT GIG BAG,BLACK

693円

Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 DREADNAUGHT GIG BAG,BLACK

商品の説明

サイズ:アコースティック  |  タイプ:1225  |  色:ブラック

フェンダーのF1225 Series Gig Bag は、エレクトリックギターを安全に持ち運ぶのに最適なギグバッグです。フェンダーの特徴的なアシンメトリー・シェイプのアウターレイヤーには、丈夫で破れにくい1200 デニールのポリエステル素材が採用され、耐久性が高く、耐衝撃性にも優れています。25mm のパッドが詰められた内部にはソフトタッチのマイクロファイバー素材が張られ、楽器の表面を傷つける心配がありません。さらに、調整可能な2 つの保護用ネックレストと衝撃を吸収する外部バンパーが、持ち運びの際に楽器にかかる負担を最低限に抑えます。

F1225 ギグバッグには、厚いパッド付きのハンドルと、衝撃吸収性に優れたEVA パッドのバックパック・ストラップも付いています。ラダーロック式バックルのストラップは調整が簡単で、背負った際の体への負担が少なくなっています。また、大きなフロントポケットに加え、ジッパー付きのバックパック・ストラップ・ポケットもあり、収納スペースも充実。小物やアクセサリーを収納するのに便利なフロント・ストレージ・ポケットには、予備の弦を入れるための専用ポケットが2 つ付き、さらに着脱可能なパッド入りのツールポーチ、伸縮性のあるピック用ポケット3 つ、伸縮性のあるペンホルダー2 つ、キーホルダー、名刺入れも備わっています。


メーカーより

Fender フェンダー ギグバッグ FA1225 DREADNAUGHT GIG BAG,BLACK

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。